FC2ブログ

日本政策金融公庫マニュアル2

次回の融資をうけるための備忘録2。
融資をうけるまでの一連の流れは、
 1)電話→2)契約→3)事前相談→4)書類提出→5)面談→6)融資決定
→7)根抵当権設定→8)融資書類提出→9)融資 


-----------------------
5)面談 ●月16日
-----------------------
当初は、私が銀行にお邪魔するはずだったのだが、
担当者が自宅チェックもかねて、来てくれることになった。
提出した書類に基づいて、ヒアリングと確認。
所要時間:1時間

一般金融機関より念入りだと思ったのは、
過去半年分の売上と通帳を照合して、キャッシュフローの
最大値と最小値の確認。

★子供の家庭訪問と同様に、暮らしぶりをチェックされたかも(笑)

-----------------------
5')面談~融資決定
-----------------------
a:連帯保証人である夫の勤務先へ電話での確認
b:担当者が融資対象物件と担保物権の現地確認

★電話は身元確認のため固定電話に限るそう。
 携帯電話しかもたない自営業の人は困るらしい

-----------------------
6)融資決定 ●月29日
-----------------------
当初は、22日もしくは24日と言われていたのだか遅延。

理由は融資額。当初は、リフォーム代を考えていたが、
相談時に、購入代金の私の持分を加算することとなり、
面談時に、購入諸費用も加算することとなった。

決定前に、もう少し上乗せしてもいけるのではと話があった。
私は増額はありがたいが、次の物件購入時のマイナス要素と
なるなら、今回は特に無理をしたくない旨の回答をした。

そして、結局、面談時の融資金額で決定した。
リフォーム代+購入代金の私の持分+購入諸費用。
尚、女性起業家資金は、購入代金の土地には適応されない為、
金利が異なり、2本にわかれた貸付となった。

・土地 10年2.55
・その他 10年2.15 ※当初2年は設備▲0.5の特典→1.65と感謝感謝

★融資金額は決定まで未定。少なく見積もっておくとよい

★契約書に記載する土地代は安いにこしたことはない。
相手が個人のため、相場とは全く無関係な金額を記載。
減価償却だけだと思っていたら、融資でも恩恵があった。

★2本にわかれたことで、印紙税が得をした。
1千万円超5千万円以下の場合は2万円のところ
500万~1000万:10000円と、100万~500万円:2000円の
1.2万円にて、8000円のセーブ!

-----------------------
6')融資書類到着 ■月2日
-----------------------
借用証書等の融資書類が速達で届いた。
別便で、申請書類の添付資料が返却された。

★申請書類の添付資料は破棄か返却か事前に選べる

★事前に用意しておくといいもの
 ・印鑑証明:本人+連帯保証人セットを融資本数分+1(抵当登記分)
 ・収入印紙
 ・口座振替利用届 ※先に送ってもらったので事前準備でき◎
 ・実印 ※普段は貸金庫
 ・抵当物件の登記識別情報 ※普段は貸金庫


次回は根抵当権設定から♪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日うちも融資決定しました。
1200万で無担保、第三者保障で1.65%でした。
とりあえず、良かったです。

購入資金をいれると担保とられるんですよね。

あかちゃんさんへ

融資決定、おめでとうございます!

>1200万で無担保、第三者保障で1.65%

しかも好条件で、何よりです。
これで、心おきなくリフォームにgoですね。
楽しみにしています♪

No title

備忘録、相当参考になりますね。

通帳のチェックはすごいですね。

私はやばそう(汗)

応援ポチ

よしおさんへ

コメントをありがとうございます!

参考になったら嬉しいです。
まあ、私も場合、私自身があと参考にしています(汗)
検索ができるので、便利なんです♪
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

zuboo

Author:zuboo
働くママ。多忙な夫と娘の3人暮らし。石橋をたたいて渡る夫をまこきんで不動産投資に挑戦しだしたものの、今や夫の方が夢中♪

1棟目 12/12戸 満室
2棟目 12/12戸 満室
3棟目 貸家1/1戸 満室
4棟目 貸家1/1戸 満室
5棟目 貸家1/1戸 満室
6棟目 貸家1/1戸 満室

zuboo4をフォローしましょう

注目!

応援クリックが励みになります♪
◆不動産投資blogランキング◆
◆資産運用FC2ランキング◆



オススメ

退去時にクロスを一拭き
張替しなくていいかも!?







投資blog

ブログ内検索
リンク
RSSフィード