FC2ブログ

契約時の交渉--建物価格

契約は、銀行の担当者評価が終わってからとなった。
どちらにしろローン特約条項付とはいえ、
契約書には印紙代もかかるし(1億円~は8万円)面倒だもんね。
契約書の雛形をとりよせ、建物比率の交渉開始♪
約時の節税対策--建物比率にも書いたように、
同じ価格の物件でも、建物比率が高い方が節税できる。

例えば、1億円の物件の場合で
建物4000万土地6000万と建物6000万土地4000万を比較すると、
建物6000万の方が、1800万も減価償却を多く計上でき、
税率20%でも、540万も節税効果がある。

今回の物件は、売主さんが「個人」なので、
消費税を支払う義務もないので、総額表示が普通で、
契約書に建物と土地の価格を書く必要は無い。
でも、書いても売主さんに何のデメリットもない。

ということで、契約書に建物価格表記のお願いをしたところ、
売主さんからお断りの返事が来た。
「既にかなり減価償却をしているので、帳簿の価格と合わない。
それに、こちらの税金が上がるのは困る」
 ※デキル不動産屋さんだったら、その場で説明してくれる?

売主の帳簿残高と、買主の建物購入価格が異なっても何ら問題なく、
(商売ってそんなもんでしょ(笑))
売主の売却時の税金は、売買価格総額と取得費総額との差に
かかってくるので、建物比率が高くなってもデメリットはないことを
税理士にも、近所の税務相談室にも確認してある旨を強調し、
再度プッシュしてもらった。
 ※ここで欲張って、9:1なんていうアリエナイ配分だと問題!
  土地代は最低でも、固定資産税評価額は必要???  

売主さんも自分の税理士さんに確認したところ問題ナシと
いうことで、希望通り契約書と明記されることになった。
わ~い。節税の第一歩だ♪

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

zuboo

Author:zuboo
働くママ。多忙な夫と娘の3人暮らし。石橋をたたいて渡る夫をまこきんで不動産投資に挑戦しだしたものの、今や夫の方が夢中♪

1棟目 12/12戸 満室
2棟目 12/12戸 満室
3棟目 貸家1/1戸 満室
4棟目 貸家1/1戸 満室
5棟目 貸家1/1戸 満室
6棟目 貸家1/1戸 満室

zuboo4をフォローしましょう

注目!

応援クリックが励みになります♪
◆不動産投資blogランキング◆
◆資産運用FC2ランキング◆



オススメ

退去時にクロスを一拭き
張替しなくていいかも!?







投資blog

ブログ内検索
リンク
RSSフィード